不倫(不貞行為)と認められる証拠とは?

大牟田・久留米合同探偵社 フィールドワーク

福岡県公安委員会 第90150070

0120-930-910

福岡トップクラスの調査力でサポートします

お問い合わせ

探偵ブログ

不倫(不貞行為)と認められる証拠とは?

大牟田・久留米合同探偵事務所 フィールドワーク

 

今回ここでお話させてもらう内容は法律上、裁判上で認められる不倫(不貞行為)について話していきたいと思います。

夫婦間での話し合いでの認められる証拠は都度その方々で変わる場合が多いです

例えば・・・Aさんの場合は旦那さんと不倫相手が一緒に歩いてる所の証拠写真を見せた所不倫をしていた事を認めた

   ・・・Bさんの場合は旦那さんと不倫相手が一緒にドライブしている所の証拠写真を見せたが不倫ではなく相談にのっていたと言い逃れをした

というように、さまざまな例がありますが法律上ではある程度明確に不倫(不貞行為)と断定される行為は定められています

それは

 

「肉体関係を確認ないし、推認できる証拠」です

 

さらにこれは不倫を理由に離婚を考えている側(浮気をされた側)、不倫に対する慰謝料請求考えている側(浮気をされた側)が立証しなければならないとなっています

これは私も浮気をされた側の被害者が証拠の立証をしなければならない点に理不尽さを感じる所ではありますが、裁判所では詐欺や詐欺行為を防ぐ為に不倫(不貞行為)の証拠を厳しく制限しています

 

ですので裁判所が認める「肉体関係を確認ないし、推認できる証拠」が不十分な場合は、憶測や推測の域を出ないと捉えられ離婚の請求または慰謝料の請求は却下されてします場合が多々あります。

仮に「肉体関係を確認ないし、推認できる証拠」が不十分な場合でも不倫(不貞行為)をした当事者同士が不倫をした事を認めればそれは「肉体関係の確認できる証拠」にあたり請求は認められることになりますが・・・

非常に残念な事に逆に当事者である不倫(不貞行為)をした側は否定をしたり嘘をついて言い逃れをする場合が多々あるように思います。

 

不倫(不貞行為)と推認できる証拠が不十分でさらに不倫(不貞行為)をした側が不倫関係を否定した場合、協議離婚を勧めれらただでさえ精神的苦痛で疲れきっているなか更に泥沼の離婚協議になった例を多々見てきました

 

ですので逆をいえば「肉体関係を確認ないし、推認できる証拠」が十分な場合、不倫(不貞行為)をした当事者がいくら不倫関係を否定しようとも不倫(不貞行為)だと認定されます

では、どのような証拠があれば「肉体関係を確認ないし、推認できる証拠」と認定されるでしょうか?

次回ブログではそこを話していきたいと思います。

ブログ一覧へ

どんな内容でもお気軽にご相談ください

お問い合わせ

どんな内容でもお気軽にご相談ください

0120-930-910

お問い合わせ

  • カテゴリー

  • アーカイブ

大牟田・久留米合同探偵フィールドワークコピーライト低価格の安心ホームページ福岡マリオデザイン Copyright © Field Work All rights Reservd.

トップへ戻る

s